看護師の結婚率 人気の職業なのになぜ婚約率は低い…

看護師は結婚したい女性の職業ランキングで第1位にランクインするほど男性から人気の職業です。しかしその現状は全く違います。看護師は人気の職業なのに婚約率が低く、未婚率が非常に高いのです。ではなぜ看護師は人気の職業なのに結婚できない女性が多いのでしょうか?その理由を説明していきましょう。

 

30歳代でも50%が未婚の看護師

モテる職業である看護師ですが、未婚率は高い傾向にあります。20歳後半〜30歳代は結婚適齢期と言われており、一般女性では未婚率が減少していきます。しかし看護師は30歳代でも50%が未婚なのです。また40歳前半の未婚率も26.6%であり、一般女性の40歳前半未婚率16.6%と比べると高い傾向にあります。

 

出会いがない看護師

ではなぜ看護師は未婚率が高いのでしょうか?その理由の一つが、出会いが少ないことがあげられます。看護師の勤務時間は非常に不規則で夜勤勤務や時間外勤務も多いです。また体力的にも精神的にもきつい仕事になるので休みの日は外出するよりも家でゆっくりする女性が多いようです。そのため異性との出会いがなく、結婚できないのです。また職場は女性が大半で、職場結婚が少ないので未婚率が高くなる傾向があります。患者との恋愛や医師との恋愛などはほとんどないのが現状のようです。結婚したい看護師女性は合コンや婚活パーティーなどに積極的に参加している人が意外と多いのです。看護師の女性と結婚したい男性は、婚活サイトや婚活パーティーを利用すれば看護師女性と出会えるチャンスがあるかもしれませんよ。

 

社会的に自立している女性が多い

看護師の年収は一般的な女性の年収に比べて非常に高いです。平均年収は470万円と言われており、その金額は男性サラリーマンよりも高収入なのです。そのため社会的に自立している女性が多く、男性と結婚しなくても1人で生きていけると感じている看護師女性は少なくありません。また人の命を助ける責務のあるプロの仕事をしているので、結婚よりも仕事を生きがいとしている看護師も多いでしょう。